この世界の(さらにいくつもの)片隅に

見たくて気になっていたので、やはり見てきました。前回は地上波での放送を見たのですが、録画していたので2回ほど。消去するのが勿体ないと思いながらも消去してしまいました。今度の上映は追加部分があるというので、気になって・・(笑) 何度見ても、また見たくなるアニメですね。2時間48分のアニメを没頭して見入るなんて、不思議な感動を覚えます。見て良かったと思える作品でした。

続きを読む

『ホビット 思いがけない冒険』

『ロード・オブ・ザ・リング』のファンとしては見逃せない『ホビット 思いがけない冒険』をやっと見に行ってきました。 予想通りの面白さ。やっぱりこの映画は劇場で見るのが一番ですね。 『ロード・オブ・ザ・リング』より時代が前という設定なので、出演者が若くなっていて懐かしい顔ぶれ。興奮します(笑) それにデジタル3Dの進化もすごいと実感。 『ロード・オブ…

続きを読む

『コクリコ坂から』

『コクリコ坂から』を見てきました。久しぶりに心暖まる感じでした。 個人的には、すごく好きな作品です。 主人公のふたりを見ながら、途中から・・・、これは「チュンサンとユジン」だと思ったのです。 だらか好きな作品と思えたのでしょう(笑) どこか似ています・・・・『冬のソナタ』に。

続きを読む

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』

原作はついに読まないまま、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を見てきました。映画だけは最初から全部見ています。今回は前回の続きなので、1年前に見たPART1がどのように終ったか覚えていなくて、PART1を見ている間に思い出した次第です(^_^;) 最後までハリーが生きているのか死んでしまうのか知らなかった私。友人が最後は可哀想なのよ・・・と言うの…

続きを読む

『SUPER 8/スーパーエイト』

『SUPER 8/スーパーエイト』を見てきました。 見入っている間に、長い映画もあっという間に見終わってしまう。 引き入れられて、そのまま終った、そんな感じの映画でした。 スピルバーグの作品とういことで、過去の映画のような期待感があったのですが、でもこの映画はその期待には応えてはくれず・・・。 客席には殆ど大人でしたが、もしかして子供向け?なんて思ってしまいました。 …

続きを読む

「男たちの挽歌」 A BETTER TOMORROW

「男たちの挽歌」 A BETTER TOMORROW 韓国映画 2010年 出演: チュ・ジンモ、 ソン・スンホン、 キム・ガンウ、 チョ・ハンソン 1986年の香港映画ジョン・ウー監督作『男たちの挽歌』のリメイク版らしいのですが、そのオリジナル版を見ていないので、香港版とは比べようもないどころか、最初はチンプンカンプン(笑) 途中から、家族を北においたままの脱北者…

続きを読む

「ハリーポッターと死の秘宝」Part1

1年待って、やっと見れました「ハリーポッターと死の秘宝」Part1。 原作を読んでいないので、ここまでくるのに、誰がハリーの味方なのか分からなくなってきました(笑) 前作までは、意味不明なところが多かったのですが、今回は意味が分からないなんて思わせるシーンもなく面白かったです。 その理由は、この3人が一緒だったからかも。 約2時間半、全然退屈せずに、かなり見入っていました。 結…

続きを読む

『ゴースト もう一度抱きしめたい』

監督:大谷太郎 出演: 松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林 『ゴースト もう一度抱きしめたい』を見てきました。メローな映画なのかと思って期待して行ったのですが、そうでもなかった(笑)。オリジナル版の『ゴースト/ニューヨークの幻』は、思い出すだけでも涙が出そうな映画だったので、秘かにこれがリメイクされたと信じていた私。 キャストの設定が、中途半端な感じでした…

続きを読む

パク・ヨンハ 『作戦 The Scam』

韓国映画『作戦 The Scam』 2009年 出演俳優 : パク・ヨンハ、キム・ミンジョン、パク・ヒスン、キム・ムヨル 追悼上映されたパク・ヨンハの最後の主演映画『作戦』を見てきました。 「株」をテーマにしたストーリーですが、株を知らなくても楽しめる内容でした。 予想より面白くて、思わずクスっと笑えるヨンハさんの演技。 ヨンハさんが演じたのは: ソウル…

続きを読む

ハリーポッターと謎のプリンス

毎回上映初日に見ていた「ハリー・ポッター」シリーズ。今回はちょっと出遅れましたが、絶対にスクリーンで見たい映画なので行ってきました。 原作を読んでいない私には、もうストーリーの続きはどうでも・・・(爆) 3作目あたりから、段々と意味が分かりにくくなっているので、もう難しい追求などせずに、娯楽映画として楽しんでます。 それにしても、青年期から大人への入り口に突入の…

続きを読む

『チェ 39歳 別れの手紙』

『チェ 28歳の革命』 に続いて後半の『チェ 39歳 別れの手紙』を見てきました。 後半は、どちらかというとドキュメンタリー的な仕上げでした。 チェ・ゲバラが歩んだ苦難のゲリラ時代。 現代風にとらえると、ゲリラという響きが悪者風ではあるけど、革命のために身を捧げた様子が描かれていた。 個人的にも、詳しくはチェ・ゲバラの事を知っているわけではないけど、殆どチェ・ゲバラを知ら…

続きを読む

『チェ 28歳の革命』

あらすじ: 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる 個人的に待望の『チェ 28歳の革命』を見てきました。 まずは、「チェ・ゲバラ」を知っています…

続きを読む

『地球が静止する日』

久し振りに劇場で映画を見てきました。 本当は、『チェ 28歳の革命』を見に行ったのに、私が行った時間はほぼ満席。(友人は「空いている!!」って言ったのに、混んでいた) 一番前の席しか空席がなかったので、この日は断念して、時間的に見られる『地球が静止する日』を見てきました。 この類が好きな人には面白いかもしれないけど、私には思ったよりな内容が薄い印象の映…

続きを読む

ファン・ジニ映画版

「ファン・ジニ映画版」 2007年 主演: ファン・ジニ : ソン・へギョ      ノミ      : ユ・ジテ 大望の「ファン・ジニ映画版」を見てきました。 今も語り継がれる韓国の名妓「ファン・ジニ」。16世紀の華やかな朝鮮王朝を舞台に、差別の激しい時代、一人の男への愛を貫き、誇り高く生きた女性の物語。 「ドラマ版ファン・ジニ」とは違うという観念の元に見…

続きを読む

『ファン・ジニ』映画版

偶然に発見しました「ファン・ジニ」映画版公式サイト。 やっと日本で9月下旬に公開のようです。 ハ・ジウォンのドラマ「ファン・ジニ」の方が好きだという声が多いのですが、ドラマはドラマ、映画は映画。 ちがった良さがあるでしょう。 絶対に見に行かないと  

続きを読む

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

ペベンシー4兄弟が白い魔女を倒し平和を取り戻してから1300年後のナルニア。魔法の国はテルマール人によって占領され、ナルニアの民は迫害の末に森の奥深くで息を潜めていた。一方、テルマール人の王子カスピアンは、王位を狙う叔父に暗殺されそうになり命からがら逃げのびる。森へと追い込まれた彼は“伝説の4人の王”を呼び戻すことができるという魔法の角笛を吹き……。C・S・ルイスによる名作児童文学の実写…

続きを読む

イ・ジア&ソ・ジソプ \(◎o◎)/!

ジーンズブランド「DRESSED TO KILL」のファッション写真より、イ・ジア&ソ・ジソプの”ドキッ写真” イ・ジアは「太王四神記」のスジニのイメージとはかけ離れ、ソ・ジソブは、「太王四神記」のタムドクの子役を演じたユ・スンホ君に本当に似ている。 そのソ・ジソブが極秘で日本映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』に出演したというのが、ちょっと前に話題になりましたが、その妖怪…

続きを読む

百想芸術大賞 デッドヒート中

韓国の百想芸術賞の投票が強烈な争いが毎日続いています。 以下、自動翻訳です。 MBC TV '太王四神記'と KBS 2TV '快刀ホン・ギルドン'のカップルたちが第44回百想芸術大償放送部門人気賞をおいて熾烈な競合をしている。 モバイル及び ARSに進行される今度白桑人気賞中間集計結果 '太王四神記'のベ・ヨンジュン-イジアカップルと '快刀ホン・ギルドン'のカン・ジファ…

続きを読む

『ライラの冒険・黄金の羅針盤』

『ライラの冒険・黄金の羅針盤』を見てきました。 人間が、ダイモンと呼ばれる動物の精霊と寄り添って生きている世界の話です。 原作はベストセラーで、児童小説ながら、宗教や哲学を盛り込んだ内容は文学的な評価も高いらしいのですが、さて、映画の方は・・・・ 原作を読んでいない私、なぞなぞが多いのです。 この…

続きを読む

『明日の記憶』

『明日の記憶』 2006年 キャスト;  渡辺謙   :  佐伯雅行役        樋口可南子:  佐伯枝実子役 2年前の話題邦画の『明日への記憶』をちら~っと見始めたら、惹きつけられたまま最後まで見てしまいました。主人公の佐伯が“若年性アルツハイマー病”に罹って段々悪化していく過程を描いた映画でした。 “若年性アルツハイマー病”といったら、やはり思い出すのは『頭…

続きを読む

『夏物語』

● タイトル   夏物語 ● 制作年  2006年 ● キャスト   イ・ビョンホン ・・・ ユン・ソギョン 役   スエ ・・・ ジョイン 役 -- 一生の間にたったひとりの女性を愛しました -- そして、 -- 一生の間にたったひとりの女性と別れました -- 実に久しぶりのイ・ビョンホン。相手役にスエを指名したというのだ…

続きを読む

『魔法にかけられて』

お薦め度:  本日、初日でした『魔法にかけられて』を見てきました。テレビ広告ムービーを見て、「これ、見たい!」と思っただけで初日に行ってしまいました アニメと実写の映画。ちっとも子供っぽくない面白く楽しい映画です。出演者のキャラクター、アニメ、動物&ゴ…

続きを読む

『カンナさん、大成功です!』

韓国 2006年 主演: キム・アジュン(カンナ役、)      チュ・ジンモ(サンジュン役) 人気漫画家・鈴木由美子の同名コミックを韓国で映画化した「カンナさん大成功です!」 韓国の去年のお正月公開作品で、ダントツ第一位の興行成績をあげた作品。 ストーリー: 身長169センチ、体重95キロのカンナは、美声を生かして音楽業界に入ったものの、舞台裏でスター歌手の…

続きを読む

『プライベート・ライアン』

『プライベート・ライアン』 1998年 アメリカ映画 監督&製作: スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス     マット・デイモン       トム・サイズモア    エドワード・バーンズ     バリー・ペッパー    アダム・ゴールドバーグ     ヴィン・ディーゼル   ジョバンニ・リビージ       ジェレミー・デイビス  激戦が続く第2次世界大…

続きを読む

映画『マリア』

あの衝撃的な『パッション』を創り上げた監督が、今度はイエス・キリストの母マリアと父ヨセフのキリスト誕生までを描いた映画を創ったというので、早速見てきました。実に聖書に忠実でした。 マタイの福音書第1章18接3から25節 18: イエス・キリストの誕生の次第はこうであった。母マリヤはヨセフと婚約していたが、まだ一緒にならない前に、聖霊によって身重になった。 19: 夫ヨセフは正…

続きを読む

『グエムル/漢江(ハンガン)の怪物』

グエムル -漢江の怪物-」2006年公開・韓国 監督・原案/ポン・ジュノ  脚本/ ポン・ジュノ、ハ・ジョンウォン、パク・チョルヒョン 出演/ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル 、ペ・ドゥナ 他 昨年、韓国で大ヒットした映画『グエムル・漢江の怪物』。日本ではさほどヒットしなかた?ようだけど、本国で『太王四神記』の放送が、この映画のテレビ放送日と重なり、『太…

続きを読む

『ダイハード 4.0』

12年ぶりに公開された『ダイハード4.0』を見てきました。前3作とも見て『ダイハード』のファンなので、絶対に劇場で公開を見逃してはいけないと、毎週ハラハラと・・・ 本日から大きな映画館から、ちょっと小さな映画館に変更になていました。まぁ、見逃さないだけ良かったかしら。。。 今回のストーリーは、デジタルによって制御されている全米の都市機能の…

続きを読む

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

見てきました『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。個人的には、今回の作品が一番物足りなさを感じました。 今回は希望や友情がテーマだった様子。そのハリー達の心情は伝わってきたけど、今までの作品のように3人で助け合いながら立ち向かって行くシーンが少なかったような 18歳になったラドクリフ君。身長は他の子達よりも伸び悩んでいる様子(笑)でも、顔がすっかり青年…

続きを読む

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』

世界同時公開初日の今日、見てきました『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』。 いや~長編です。2時間50分。予習してから行けば良かったのですが(笑)、いきなり見ると、ちょっと分かりにくい最初の部分。この冒頭の部分って前回の続きなのかな?という印象。でも、ジャック・スパロウことジョニー・デップが出てきたらほっとして面白さの中に入り込めました。面白いね、この人{%warai_a%…

続きを読む

『トンマッコルへようこそ』

「トンマッコルへようこそ」 2005年 キャスト: ピョ・ヒョンチョル(韓国軍のリーダー):シン・ハギュン リ・スファ(人民軍のリーダー):チョン・ジェヨン ヨイル:カン・ヘジョン チャン・ヨンヒ(人民軍の下士官):イム・ハリョン ムン・サンサン(韓国軍の衛生兵):ソ・ジェギョン ソ・テッキ(人民軍の少年兵):リュ・ドックァン スミス(連合軍のアメリカ兵):スティーブ・テ…

続きを読む